地域の人に長く愛されるための
マルチブランド戦略

火の魂カンパニーが栃木でラーメンをコンテンツに展開を進める理由に、宇都宮餃子の存在があります。日本で1番の知名度を誇る餃子は栃木を支える観光の目玉、そして餃子に欠かせないのがラーメン、日本の誇るソールフード“ラーメン”の隣にはいつも餃子があります。火の魂カンパニーが栃木から日本中に元気を発信するためには、ラーメンで地域の人々になくてはならない存在になることが最も近道だと考えました。

食品製造・卸事業

自社製品やPB(プライベートブランド)商品の委託開発を行っております。近いエリアに味の違う他業態を出店するドミナント展開を行っている当社は、ご当地の佐野ラーメンを始め豚骨ラーメンや醤油ラーメンなど、様々な新しい味を日々開発しています。また手作業にこだわった餃子も、地産地消の栃木県産の食材を使い、安心安全ですべての世代に愛される商品づくりを行っています。


機械で大量生産を行う製造方法が主流な中で、あくまで手作りで製造を行うことが人々に愛される味づくりに繋がっています。

全国のラーメンを愛する企業と協力し勉強会を開いて情報交換を行い、新しい味と品質への追求を行っています。

飲食店経営事業

「和餃子の大和」「ジパング軒」「麺屋穂華」「井岡屋」「いろは商店」「雷龍」等のラーメン店業態を中心とした店舗を栃木県中心に展開しています。日本を元気にするためには、まずは目の前のお客様を元気にすることから始まります。全国から注目されるモデル店舗として他企業からの視察も受け入れています。また火の魂カンパニーのお客様から愛される商品力は、飲食店を自社運営し、お客様からの生の声をすぐに反映できるモデルにあります。

コンサルティング事業

飲食店経営で培ったノウハウを、同じラーメン業界に新規参入する人や運営に悩んでいる人に対して提供しています。同じ業界にいるものは敵だと認識されがちですが、火の魂カンパニーではあくまで「仲間」として歓迎し、情報交換を通じて業界全体を盛り上げていきたいと考えています。

教育事業

未来の栃木、日本の経済を担う若者たちに対して、定期的に講義や勉強会を開いています。専門学校ではラーメン作りのノウハウはもちろん、人として今後必要になるスキルについて講義を行いました。また火の魂カンパニーでアルバイトをしている高校生、大学生のスタッフが夢をもって生きていけるように、飲食店の現場でも積極的に教育を行っています。